優しい民話

昨日は、さらに冷え込みが増してきましたが、
かねてから行ってみたいと思っていた『 いろりを囲んでおはなし 』にいってみました。
丘の様な小さな山ですが、程よい山の登りと立山連峰が拝める
良い散歩道のわきにある民芸館で開かれました。
藁ぶき屋根の閑静なたたずまいです。
最初は、寒かったですが、いろりを囲んでの集まりは、人と人の温もりが重なって
心地良い空間となります。優しいおはなしは、遠い昔を懐かしく思い出しました。

c0331182_362774.jpg

c0331182_381623.jpg

そんなお話の中で仲良しになったお隣さんと近くにあるお茶席へ・・・
c0331182_3211170.jpg

c0331182_3224072.jpg

ほっこり マッタリ 良い一日でした^^
c0331182_3251073.jpg


c0331182_3282100.jpg

   『木守り』さんはどこに???
c0331182_742538.jpg

円山庵の柿の木にも木守りさんが一つ残ってました。
ご存知と思いますが、『木守り』日本の美しい言葉ですね。
柿を取り入れてしまわず、最後に一つ、二つだけ残す風習です。
そして最後に残した柿のことを木守り(木の番人)と言います。
来年もまた沢山の実をつけてくれるようにと願いを込めた風習です。...
木守りを探して歩くのも冬に向かう今の季節の楽しみの様な気がします。
ぽっと心に灯りが灯りますよ・・・
c0331182_3282100.jpg

[PR]
by smfuji | 2014-11-16 03:30 | 和み | Comments(0)

いつもケセラセラ~♪


by テク
プロフィールを見る